記事
(毎月開催)セミナー情報:「2022年6月施行」改正公益通報者保護法対応 内部通報制度構築支援セミナー

公益通報の対象となる事実とは、約500本の法律に規定する犯罪行為・過料対象行為など複雑多岐にわたります。 企業などの事業者による一定の違法行為を、労働者等が、不正の目的で なく、組織内の通報窓口、権限を有する行政機関や報 […]

続きを読む
セミナー
セミナー情報:7月20日水曜日 13:30-14:30「内部通報の効果的な取り組み方~被害者、目撃者、共犯者別対応」

内部通報の案件は、社員がセクハラ、パワハラの被害を受けた場合、不正を目撃したり認知した場合、自らが他の役員・社員とともに不正に関与した場合、に大別できます。ですから、会社が内部通報を受けたときには、これらの案件に特化した […]

続きを読む
セミナー
セミナー情報:「内部通報制度とハラスメント対策~社員目線で考えるヘルプラインの運用」

6月1日から改正公益通報者保護法がスタートし、301人以上の会社に内部通報の設置が義務づけられます。今回は特定社会保険労務士の毎熊典子氏が「内部通報制度とハラスメント対策~社員目線で考えるヘルプラインの運用」について解説 […]

続きを読む
セミナー
セミナー情報:「マスコミへの内部告発はなぜ起こる?過去の事例から内部通報のあり方を考える」

6月1日から改正公益通報者保護法がスタートし、301人以上の会社に内部通報の設置が義務づけられます。本法律は、組織内不正の早期発見を目的として2006年から施行されましたが、自浄作用としては不十分で、マスコミへの告発が相 […]

続きを読む
記事
パワハラ防止法が中小企業にも義務化

パワハラ防止法には事業主が雇用管理上講じるべき措置について、 実施が「義務」付けられました。 厚生労働省より職場においてパワハラを防止するために、 事業主に対して次の「4項目」の実施義務が明示されました

続きを読む
記事
改正公益通報者保護法とは

<改正公益通報者保護法とは> 公益通報者保護法は、2004年6月に制定された法律で、組織の不正を内部通報した労働者を法的に保護する内容でした。この時には刑事罰が盛り込まれず、通報した労働者の左遷といった事態を食い止める役 […]

続きを読む